最近人気がでてきているヒト幹細胞!おすすめの美容液を比較形式で見ていきましょう!

ヒト幹だけじゃない!注目のAPPSについて詳しく知りたい!

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/09


ヒト幹細胞美容液は、肌の再生力を促すとして最近注目されている次世代の成分となっています。一方でAPPSは、従来のビタミンC誘導体よりも素早く深く浸透するというのが特徴です。ここではヒト幹細胞美容液とAPPSそれぞれの特徴、ビタミンC誘導体以外で化粧品に配合されるビタミンと、ヒト幹細胞以外に肌の活性化を促す成分について紹介します。

ヒト幹細胞美容液の特徴について紹介!

ヒト幹細胞美容液は、ヒトの脂肪細胞を培養した際に使用した液体の成分を配合したものです。このためその名称からヒトの細胞が入っているのかと勘違いされる場合もありますが、そのようなことはありません。この成分には多くの成長因子が配合されていることで肌のターンオーバーに働き掛ける他、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの産生を促す効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の一種であるAPPSをはじめ、化粧品に配合されるヒアルロン酸や各種抗酸化成分などは肌に足りない栄養を補うというのがその特徴です。一方でヒト幹細胞美容液は肌そのものの再生力を高めることに繋がるため、次世代のスキンケア成分として注目されています。

ヒト幹細胞美容液と似た働きの成分にEGFがありますが、これは表皮に働きかけるというのが特徴です。一方のヒト幹細胞美容液はEGF以外にも、真皮にアプローチするaFGFなど様々な成長因子が配合されています。このためEGFよりも、更なる美肌効果を期待することが可能です。

ヒト幹細胞を培養する際には、厳密な検査が様々に行われるため国産の化粧品は安全性が高くなっています。しかしながらどの化粧品でも自分に合う合わないはあるため、初めて使用する際にはパッチテストをしてからの使用がおすすめです。幹細胞コスメにはこの他にも、植物幹細胞を培養した際の液体や肌の幹細胞に直接働きかける植物由来成分などが挙げられます。

APPSの特徴と効果が期待できる成分が配合されている化粧品

APPSとはビタミンC誘導体の一種で、従来のものよりも素早く深く浸透するのが特徴です。従来のビタミンC誘導体は肌を乾燥させやすく、かゆみや赤みなどが出る場合もありましたが、APPSは低刺激でありながらも高い効果が期待できる成分となっています。

この成分が配合されているものを購入する際、化粧品に書かれた成分表示での名称はパルチミン酸アスコルビル酸3Naです。APPSはイオン導入機がなくとも高い浸透力がありますが、導入機を用いることで更なる効果が期待できます。

APPSをはじめとしたビタミンC誘導体の働きは、美白、毛穴のつまりや開きへのケア、コラーゲン生成促進などです。通常のビタミンCは肌に馴染まないものの誘導体にすることで浸透が高まり、角質層にてビタミンCに変化します。APPSが今の所特に浸透力が高い成分となっていますが、他の浸透力の高いビタミンC誘導体としてVCIPやアスコルビン酸リン酸エステルなども挙げることができます。

一方で激安化粧品に配合されていることの多いアスコルビン酸グルコシドは、角質層内部でビタミンCに変化しないため期待できる効果は低いものとなっています。APPSは低刺激とされていますが、それでも肌の乾燥が気になる場合には使用する際にクリーム等で十分に保湿するのがおすすめです。APPSなどのビタミンC誘導体はニキビをできにくくする他にも、若い世代からできる将来の年齢に応じたケアにも向いています。

様々なビタミンと肌の活性化を促す成分

美肌成分としてビタミンC誘導体には美白やニキビ、毛穴ケアなど様々な働きがあります。これ以外にも化粧品に配合されるビタミンとしては、レチノールが代表的です。レチノールはビタミンAの誘導体でコラーゲンの生成を促すため、シワやたるみ、クマをケアする化粧品に配合されています。この成分もビタミンC誘導体のように肌が乾燥しやすくなる場合があるため、気になる場合にはセラミドなどの保湿成分が配合されたクリームや乳液でのケアも合わせて行うのがおすすめです。

これ以外にも化粧品に配合されることの多いビタミンには、ナイアシンが挙げられます。この成分の働きは、ビタミンB3で肌の代謝を促す他、肌にハリを与える、メラニンの生成を抑えるなどです。またビタミンCやAよりも刺激が少ないため、他のビタミンで乾燥が気になる場合に向いています。

ヒト幹細胞美容液以外に肌の活性化を促す成分として、プラセンタが有名です。これは肌の線維芽細胞に働きかけることで、真皮にあるヒアルロン酸やコラーゲンの生成を助けます。これに加えてアミノ酸が豊富に含まれているため保湿効果が期待できる他、抗酸化作用により肌を老化から守ることも可能です。

この他にも肌の活性化を促す成分として、EGFが知られています。ヒト幹細胞美容液に含まれる成分の一つで、表皮細胞に働きかけることでターンオーバーを正常化させ健やかな肌を保つことが可能です。

 

ヒト幹細胞美容液は、肌そのものの活性化を促すことで様々な美肌へのアプローチが可能な次世代成分です。その一方で従来の保湿成分やAPPSなどのビタミンによる肌への栄養補給も合わせて行うことで、より高い効果が期待できるようになります。

エイジングケアにおすすめ!ヒト幹細胞美容液一覧

イメージ
商品名タイムレスジェリーセラムステムボーテローションセルリープラチナソリューション オメガステムセル メディ セラム
特徴ヒト肝+ボタニカル成分のオールインワンジェルタイプ顔+全身に使えるヒト幹オールインワンローションタイプ3つの美肌成分を独自システムで角質層に届けるオールインワン美容液成分の中で2番目に表記するほどヒト幹細胞培養液エキスを高配合国産の高品質な「ヒト幹細胞培養上清液」を高配合
トライアル商品の有無あり
初回無料でお試しのトライアルコース
(※諸条件ありHP参照)
なしなしなしあり
美容液4mL含む
トライアルセット
税抜1,800円
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧